オリス社が製造する機械式の腕時計をお持ちなら、「オーバーホール」という言葉をご存知か、聞き覚えがおありではないでしょうか。これは日本語で分解修理と申しまして、時計内部の回路(ムーブメント)をばらばらにして、専用の機械と液剤によって洗浄、そして油(グリス)を注しながら組み立て直す、一連の工程を表しております。

時計の内部は極めて精密な構造にございまして、それ故に使用環境の些細な変化や、経年劣化などの要因で、少しずつコンディションが変わってまいります。私たちオリス修理工房の経験では、密封のために用いられているパッキンが悪くなってしまい、そこから入り込んだ湿気が金属製の部品を劣化、つまり錆びてしまうというケースが多くございました。

いったん錆びてしまった部品は磨くことができず、取り替えるほか対処のしようがございません。もし時計そのものが問題なく動作していたとしても、分解修理を行うプロセスで新たな問題に気付くことができ、最終的にお客様が負担されるコストが下がるという意味でも、私たちはオーバーホールの重要性を認識しております。とはいえ決して安価な作業ではございませんから、その点も理解したうえで…。

とりわけ頻繁に話題になりますのが、オーバーホールの頻度ですが、3年に一度や、5年に一度など、私たちがお世話になっている職人さんによっても意見が分かれますので、一概に申し上げることができかねます。(オリス修理工房のホームページにも事例がございますが、20年以上ものあいだ、一度もオーバーホールされずに時を刻んでいた時計も決して珍しくはありません。)ただ、自動車などと同じように、定期的に油脂を交換したり、小さな問題の芽に気付くという意味で、オーバーホールを行うことには価値があるはずです。

この費用はおよそ25,000円から40,000円の範囲でお考えいただければ幸いに存じます。コンディションが良く、部品の交換などもなければ、おそらく正規店よりも良いパフォーマンスをご提供できるでしょう。