初めまして。私たちオリス修理工房は、お客様が大切になさっているオリス(ORIS)の「Williams(ウィリアムズ)」の修理、リューズ交換、ガラス交換、オーバーホールなどを承ります。「Williams(ウィリアムズ)」の修理方法、修理費用についてお悩みの方からのご相談、お見積のご依頼はお気軽にお寄せくださいませ。

私たちオリス修理工房は、愛知県名古屋市にございます株式会社修理工房の受付窓口のほか、ホームページからのお申し込みいただいたあと、郵送にて確実にお時計をお運びする無料郵送パックをご用意。多くのお客様からご好評を賜っております。ぜひページ下部のご相談フォームから、お気軽にお問い合わせをくださいませ。

「Williams(ウィリアムズ)」の修理実績

また動かなくなった…。(愛知県豊田市/S様)

半年ほど前、私たちオリス修理工房にご依頼をくださいましたお客様から、再び動作しなくなったとのご相談をいただきました。もしや私たちの作業に、なんらかの不手際があったのではないか…と緊張感を拭えないまま、過去に納品させていただいた際の「無料郵送パック」で、Williamsの到着を待ちました。

項目 費用
オーバーホール 0円
税別合計 0円

裏蓋を開けて、ムーブメントを確かめた職人によると、今回の動作不良の原因はおそらく水没…明らかに湿気が混入し、部品が酸化してしまった形跡があるとのことですが、こればかりは単に保管状態によるものなのか、私たちの手入れに起因するのか分かりかねます。つきましては今回限りは、当方で費用を負担させていただきました。

ベルトのピンが摩耗し、外れてしまう。(北海道江別市/F様)

2011年に韓国の免税店で購入なさったという時計。日頃、身につけていらっしゃるうちに、ステンレスベルトのピンが摩耗し、かんたんに外れてしまうようになったとのこと。インターネットで検索されて、私たち株式会社修理工房にご依頼をくださいました。ありがとうございました。

項目 費用
ベルトピン作成 4,000円
返送時の送料 800円
税別合計 4,800円

職人にお時計を見せたところ、やはりベルトピンの交換が必要であろうとのこと。まったく同じピンは入手不可能とのことで、新たに削り出して装着することとなりました。修理のご依頼を頂いてから、お納めするまでは2週間ほどを頂戴しております。ご依頼をいただいたのち、1週間でお納めをしております。11488